maternity

お産について

予定日について
予定日は最終月経の第1日目から280日目として計算する方法がありますが、当院では、妊娠週数と予定日が一番正確だと考えられている妊娠9週〜10週頃に胎児の頭殿長を測定して予定日を修正しています。予定日はだいたいの目安と思ってください。妊娠経過に問題がない場合は、普通、予定日の一週間前に出産することが多いようです。
陣痛について
妊娠末期に、子宮の収縮が起きるのを前駆陣痛(ぜんくじんつう)といいますが、これが規則的になり、10分おきの間隔、あるいは一時間に6回以上の陣痛を認めた場合に陣痛発来といいます。
お産にかかる時間について
陣痛が始まってから、すぐ分娩になるわけではなくて、初産婦の方で14〜16時間、経産婦の方では7〜8時間位かかりますので。慌てずに落ち着いて行動しましょう。
お産の痛みについて
初めてのお産を経験される方は、不安になられるのも最もですが、呼吸法や補助動作、いきみ方などで痛みを和らげることが可能です。母親学級、あるいは手引書などで学びましょう。あまり不安にならずにリラックスしてお産にのぞむことが大切です。
潮の満干との関係について
昔は潮が満ちているときに生まれると言われたものですが、分娩の所要時間は個人によって差が有るので一概には言えません。ただ、夜間にお産が始まり、明け方に生まれると言うことが多いようです。なお、当院では自然に陣痛が始まるのを待つ自然分娩を取り入れています。
2度目のお産について
2人目の分娩時間は1人目の約半分と思って下さい。そのため、入院準備は早めにしておくようにしましょう。
赤ちゃんの退院に関して
  • ・ビタミンK欠乏性出血症に対しての予防
  • ・先天的に酸素欠乏による脳機能の傷害の原因となる先天性代謝異常の検査
  • ・脳障害の原因となる黄疸の検査
  • ・新生児痙攣の原因となる血糖値の調査
  • ・貧血・血液検査など行なっています。

当院では里帰り出産を
希望される方も受け入れています。

ママと赤ちゃんの安心と幸せのために、しっかりサポートいたしますので、
お気軽にご相談ください。

TEL0968-68-5511

熊本県荒尾市野原259-1

TEL0968-68-5511

お産と急患の方は何時でも受け付けます。
働く方のために、土曜日の午前中も受け付けております。


診療時間 日・祝
9:00~12:00
(受付~11:30)
13:30~18:00
(受付~17:30)

★水曜日午後の受付・診療時間は14:00からとなります。

・母乳外来:月曜日〜金曜日 9:00〜16:00まで

・第1,3,5金曜日の9:00〜12:00は片渕医師が診療を担当しております。


医師紹介:片渕秀隆 先生
熊本大学 名誉教授 日本婦人科腫瘍学会 理事長
日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定ほか