greeting

院長あいさつ

当院では、ママと赤ちゃんのスキンシップを大切にしています。

前院長が開業して43年、当院で産声をあげた方々が「私もここで産みたい」と受診してくれることも多く、当院としてもこれほど嬉しいことはありません。

妊娠初期から出産までの間、身体はもちろん精神的にも多くの変化が現れます。当院では出産、育児に対する不安や心配、そして疑問点などを解消しサポート出来る医療を目指していきます。

今までは妊娠→通院→出産→退院までの関わりだけでしたが、それを終着点とせずに、その後のこと、つまり「子育て支援」にも力をいれております。

その一貫として母親学級(ママTOMO)を設けて、出産に関する指導や産後のママを対象とした様々な催しを通して、ママ同士の交流を深めるなど心身共に健全な育児支援を目的としております。いつまでも隣に寄り添った医療を目指して新しくなった『いしかわ産婦人科医院』を宜しくお願い致します。

片渕秀隆先生あいさつ

ご家族や友人にはなかなか相談できない産婦人科の症状や病気をお持ちの方、現在受けておいでの治療についてお悩みの方はご相談下さい。

納得されるまで時間をかけてお話を伺い、必要な時はほかの医療機関と連携して治療を進めます。

また、遠方の病院等での治療後の経過観察もお引き受けいたします。

スタッフあいさつ

当院では、母乳育児をスムーズにできるように支援をしております。

『人間性豊かな優しい看護を行います。』このことを看護職員一人ひとりが認識し、看護活動に取り組んでいます。当院は、玉名・荒尾地区におきましても、歴史のある産婦人科医院です。

産科の緊急対応あるいは婦人科の外科的治療の必要な場合は、連携している総合病院への迅速な対応が可能です。そして、難しい症例に対しては、熊本大学病院産婦人科への緊急対応も行っています。私どもは入院から看護計画を立て一日でも早く退院できるように24時間(2交替)の継続看護を行います。

妊婦外来では『元気な赤ちゃんを・・・』の願いにこたえられるよう、ママのがんばりだけでなく、パパの協力も必要ですので一緒にがんばりましょう。

婦人外来においては、患者さんが安心して診療を受けられるように、また、不妊症については、まずは気軽に相談してくださいね。

当院について

当院の理念 輝く生命を抱きしめて

すやすやと眠っている赤ちゃんのまわりには笑顔が集まってきます。赤ちゃんの安心はお母さんの胸の中です。

いしかわ産婦人科では、母乳育児・母子同室を行い、赤ちゃんとお母さんのスキンシップ(肌のふれあい)を通して母と子の信頼関係の大切さを考え、支援いたします。

安心のバックアップシステム

いしかわ産婦人科では、信頼のネットワークにより皆様に安心・高度な医療サービスを提供します。

国立病院機構熊本医療センター

伊井産婦人科病院

熊本大学病院

熊本赤十字病院

荒尾市民病院

信頼のできる医療

・いつも笑顔で接します。

・患者さまひとり1人の訴えに親身に耳を傾け納得のいく、そして満足の出来る医療を行います。

からだとこころのケア

思春期から妊娠・出産・更年期・高齢期に至るさまざまな心配事、からだのことのケアやフォローを行います。
ママTOMO(母親学級)を通して、妊娠、出産前後の役立つ情報を提供します。

当院では里帰り出産を
希望される方も受け入れています。

ママと赤ちゃんの安心と幸せのために、しっかりサポートいたしますので、
お気軽にご相談ください。

TEL0968-68-5511

熊本県荒尾市野原259-1

TEL0968-68-5511

お産と急患の方は何時でも受け付けます。
働く方のために、土曜日の午前中も受け付けております。


診療時間 日・祝
9:00~12:00
(受付~11:30)
13:30~18:00
(受付~17:30)

★水曜日午後の受付・診療時間は14:00からとなります。

・母乳外来:月曜日〜金曜日 9:00〜16:00まで

・第1,3,5金曜日の9:00〜12:00は片渕医師が診療を担当しております。


医師紹介:片渕秀隆 先生
熊本大学 名誉教授 日本婦人科腫瘍学会 理事長
日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定ほか